【初心者必見】最低限必要なハンドドリップ器具5選

スポンサーリンク

ハンドドリップを始めたいけど、
どんな器具がいるの?

初心者にオススメの器具は?

最低限必要な器具は?

などなどこれからハンドドリップを始めたいけど、

何が必要か分からないという人もいると思います。

本記事は、最低限の器具で、

まずはお金をかけずに始めたい人向けの記事になります。

ハンドドリップするにあたって、

実際に筆者が買った商品を紹介しなら、

最低限必要な器具を紹介します。

本記事の内容

・ドリップポッド(お湯を注ぐ)
・ドリッパー(フィルターの固定)
・フィルター(抽出)
・コーヒーミル(豆を挽く)
・コーヒーサーバー(ドリップしたコーヒーを受ける)

①ドリップポッド

お湯を注ぐために必要になります。

ハンドドリップはお湯の注ぐ量・スピードが

重要になります。

先が細くて、調整できるポッドが必要です。

筆者の購入品がこちら

ちなみにコーヒー用の電気ケトルであれば、

お湯を沸かして移しかえる手間が要らないので、

家でしかコーヒーを淹れない方にはオススメです。

②ドリッパー(フィルターの固定)

形状・素材・穴の数や大きさなど、

様々な種類があり、

ドリッパーによって味が変わります。

初心者にはプラスチック製がオススメです。

軽量で割れる心配が少なく、比較的リーズナブルです。

筆者の購入品がこちら

1つ穴の台形タイプで、

正確で安定したスピードでコーヒーが

抽出されるように設計されているので、

味のバラツキが出にくいです。

③フィルター

基本的には、ドリッパーの形に合わせて購入します。

布のフィルターやステンレスのフィルターもありますが、

安価で、コーヒーかすごと一緒に捨てられる

ペーパーフィルターがオススメです。

筆者の購入品がこちら

④コーヒーミル

お店で挽いてもらえば不要ですが、

コーヒーは挽きたてが命です。

ぜひ購入をオススメします。

手動と電動のものがありますが、

電動のものは高価ですので、

まずは手動のものでも良いと思います。

(ハンドドリップを続けられる方は、

自動のものが絶対欲しくなります。)

手動のメリットは、

豆を挽くという時間を楽しめることです。

デメリットは労力と手間がかかること。

1杯分を挽くのに2〜3分かかるので、

面倒臭いという人は電動タイプを買いましょう。

筆者の購入品はこちら

アウトドアにも持っていけるので重宝してます。

⑤コーヒーサーバー

ドリップしたコーヒーを入れるために必要です。

1杯しかいれないということであれば、

カップにドリッパーをのせて、

直接注ぐこともできなくはないです。

筆者の購入品がこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました