【オススメ3選】iPadの容量がいっぱい!ストレージを減らす方法

LIFE
スポンサーリンク

iPadの容量がすぐいっぱいに
なって困っている

容量は減らしたいけど、
データは消したくない

本記事では、そんなあなたにオススメの

iPadの容量を減らす方法をお伝えします。

本記事のテーマ

【オススメ3選】iPadの容量がいっぱい!ストレージを減らす方法

本記事の内容

①外付けストレージ(SDD、USB)を使用する

②クラウドストレージを利用する

③パソコンに転送する

①外付けストレージ(SDD、USB)を使用する

メリット:保存できる、iPadでも見ることができる

デメリット:初期費用がかかる、無くす可能性がある

外付けストレージの良い点はiPadに接続すれば、

再びiPadで表示可能な点です。

注意点としては、転送速度が遅いものを選んでしまうと、

転送に時間がかかり過ぎてしまうことです。

また、iPadはUSB-TypeCなので、

TypeC対応のSSDやHDDの購入が必要です。

下記のような拡張ポートを用意すれば、

USBやSDカードも使用可能になります。



②クラウドストレージを利用する

Digital tablet with illustration iCloud storage and cloud computing service concept. Programming codes on background.

僕はiCloudとAmazon Photoを使っています。

アップロードするだけでなく、

いつでもiPadからデータを確認することができます。

iCloudとAmazon Photoの料金は下記の通りです。

iCloudAmazon Photo
5GB無料写真無料
50GB130円/月動画5GBまで無料
2TB1,300円/月動画100GB250円/月

iCloudは写真・動画はもちろん、iPad内のメモ、

連絡先、ショートカットなど、なんでも保存可能。

そして、5GBまでは無料なので、

特に、機種が変わっても引き継ぎたい、

下記項目を保存しておくのがオススメ。

・連絡先
・メモ
・ショートカット
・キーチェーン


一方、Amazon Prime会員の方は、

Amazon Photoがオススメです!

写真と動画のみの保存ですが、

なんと容量無制限で無圧縮です!

動画は無料で使えるのが、

5GBまでなのが注意点です。

③パソコンに転送する

これが一番お金をかけずに、

容量を減らすことができますが、

手間と時間がかかります。

パソコンを起動させ、

iPadを接続する必要があるためです。

また、一度パソコンへ移し、

データを消してしまうと、

iPadで見ることは不可能になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました